So-net無料ブログ作成

OLYMPUS OM-D E-M5:金沢八景の花火 [Other pics]

20120825hanabi-1.jpg
東京の花火大会にことごとく行きそびれたので金沢八景の花火大会に行ってきました。もともと花火を撮るのはなんとなく好きじゃなかったんですが。というのもしゃかりきになって撮影するより素直に見て楽しむ方が花火の場合は良い気がするからで、まあでもひと夏に一回くらいよかろうと。最近音楽に偏り過ぎてカメラ全然触ってないし。
9月のアメリカもにらんでパナソニックのLumix G Vario 12-35mm F2.8の試し撮りもしたいしってことで。いやーでも花火はいいね。何が良いって早起きしないでいいこと。よほどの遠方でなければ夕方にだらだら出かけて行っても間に合う。場所取りの問題はありますがそんなに早くから陣取っていたら熱中症にやられてしまう。ほどほどが良いようで。
先週までの花火大会はいまいち天気に不安があってそれも行かなかった理由の一つだったのですが今回はまったく心配無し。少し秋の気配も見せて夕焼けがいい感じです。
20120825hanabi-2.jpg
打ち上げ開始時間前に準備を入念に。
三脚で大体の位置決めをして、カメラはMFで打ち上げ台付近にフォーカス固定のバルブシャッター。
絞りは11くらいに絞って長秒に耐えるようにし、純正のワイヤードレリーズを装着。
ここまでは良かったがなんとお恥ずかしいことにボクはバルブ撮影ってしたことなかったので、ボタン押す=シャッター開く 離す=シャッター閉じる という動作を知らなかった!!
ボタン一回押す=シャッター開く もう一回押す=シャッター閉じるだと思っていたので最初の数発は失敗を連発。ようやく気づいて正しい操作が出来るようになりました。まあすごい数の花火があがったので大勢に影響なかったですが。
じつは今回花火にトライする気になった理由はもう一つあって、OM-Dだときれいに撮れるのではと思ったからです。ルート66でOM-Dでモーテルのネオン撮ったときにネオンのコアの部分が白とびしないでちゃんと色を残してくれていたんですね。花火も色がちゃんと出てくれないとつまんない写真になってしまうのでOM-Dにその辺を期待したわけです。
他のカメラを持って行かなかったので比較は出来ませんが、かなり期待通りでした。
あと困ったのはバルブで長秒シャッターになるとSDへの書き込み時間が長くなり次々と打ち上がる花火について行けなくなること。なのでかなりの枚数撮りましたが見れるのは20ー30枚程度かな。
まあでも色々勉強にもなり有意義な一夜でした。
20120825hanabi-4.jpg
20120825hanabi-3.jpg
20120825hanabi-5.jpg
nice!(4)  コメント(3) 

EdwardsのレスポールE-LP-130 [Guitars]

EdwardsLesPaul.jpg
さてさて。。。ひさびさの(「ひさびさ」の定義が他人と同じかどうかはおいといて)ギターゲットなわけですが、レスポールモデルです。「モデル」と付けるところが歯切れ悪いですが要はギブソンじゃない。日本のコピーモデルだと。
Jason Lollarんとこで買ってきたハムバッカー”El Rayo”、買ったのはいいがよく考えたらこれを付けるギターがない。335があるにはあるがなにせセミアコなんでちょっと試しにピックアップ替えてみるなんて安直な動機で交換できる代物じゃない。やっぱレスポールとかがベストなわけですが、あれだけ色々ギター持っていながらじつはレスポールは一本も持っていなかったんですねこれが。
どうもボクはレスポールと相性が悪いのかな。過去3回くらい国産レスポールは買いましたが全て売っぱらってしまいました。ピーターグリーンへの思い入れはすごくあるのだがレスポールそのものには思い入れがないんですな。ビリーギボンズが好きなのはあの有り様であって別にPearly Gatesそのものに憧れることはないし。昔からレスポール持つと「似合わない」って言われてたし。
だからやはりピックアップをEl Rayoに替えてみるとか2ハムでちょこちょこいじれるギターが欲しかったというのがほんとのところで、一時はギブソンのヒスコレの中古も考えたのですがいじりまくることを考えたらヒスコレじゃもったいなさ過ぎるし出費が痛い。なので和製の比較的高いグレードの中古を考えました。フジゲンかトーカイかCrewsかEdwardsあたりか。。。
そこへたまたまこいつが中古で出たので見に行ったのですが鳴らしてみて「これで十分ぢゃん」という結論に至りゲット。
3.6kgとお年寄りにも優しい重量で、フィニッシュはいかにもラッカーという感じですが単にバフ掛けしてないだけのようにも見える。本物ビンテージでもここまで表面デコボコじゃないような気が。。
音の方はちょっとボクのレスポールのイメージに比べハイエンドが結構伸びている感じ。アコギっぽく弾いてもそんなに違和感ないのが逆に違和感。これはダンカンAntiquityハムによる部分が大きいのかも。とはいえレスポールぽくないわけじゃなくてコツっとしたミッドもちゃんとあるし個人的にはかなり良くできたギターと思います。
が、これひょっとしてEl Rayoに替えてもあんまり合わないかも、という気もしていてしばらくAntiquity付けたまま遊んでようかと。

nice!(2)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。