So-net無料ブログ作成
検索選択

5月5日:予定外だったけどMojave National Preserve [USA Pics]

Mojave0505-1.jpg
5月4日にSnow Canyon State Parkを道路封鎖のためあきらめたことで急遽予定変更。4日は午前中にSt.Georgeを発ち早めにラスベガスへ。到着は2時くらい。次の日は遠出せず街中でギターショップ巡りでもしようかと思っていたのですが、ギターショップは着いたこの日に回ってしまい、空いた1日でMojave National Preserveへ。ラスベガスから40マイル南へ走ったあたりで、カリフォルニア州になります。ちょうどラスベガスとルート66の間にある位置関係の広大なエリアです。
天気はいまひとつ。曇りというわけではないのですが薄い雲が広範囲に渡って空を覆う状態。どうせならどピーカンか陰影の付いた塊のような雲がでてくれたほうが写真的には撮り様があるのですが。とはいえ薄雲なんで時折カッと陽が照りつけたりするのですが。
晴れるとこんなかんじ。
Mojave0505-2.jpg
ここは何年か前にα900でさんざん撮った場所でもあるので今回はオールドレンズを取り混ぜ古いイメージや埃っぽいイメージを中心に撮ってみました。
Mojave0505-3.jpg
エリアのど真ん中をユニオンパシフィックの貨物列車が走ります。
Mojave0505-4.jpg
Cimaという町?ですが雑貨屋が一軒あるだけ。X-E1のフィルムシミュレーションでちょっと古い色合いを狙ってみました。
Mojave0505-5.jpg
その先にあるKelsoという町は、ここもビジターセンターがあるもののそれ以外は何もない場所。ビジターセンターは昔の駅舎を改造したもので博物館にもなっています。鉄道オフィスが当時のまま残されていたりします。ガラス張りなので反射を消すのが難しい。。
Mojave0505-6.jpg
Mojave0505-7.jpg
その先には砂漠がありますがこの日はやめ。数台の観光客の車が砂漠に向かったのが見えたので、人を避けて撮るのが難しいのと、陽射しが中途半端だと砂漠は影が出来ずただの砂場のように写ってしまうだろうという判断。なのでKelsoから引き返すことに。
Mojave0505-8.jpg
旅の最終日としては地味でしたがここ何年か来てなかった場所なのでよかった。

nice!(1)  コメント(2) 

5月3日:ザイオンで最悪事態。OM-D壊れる [USA Pics]

この日は、前の晩にKanabで落ち合ったユタに住むJamesとザイオン国立公園を一緒に回ったのですが、東側から西側の入り口Springdaleに着くまで、天気も上々で快適なドライブでした。
Zion0503-1.jpg
Zion0503-2.jpg
Zion0503-3.jpg
事件が発生したのはJamesと分かれた後、昨年のリベンジを果たさんとばかりにシャトルバスでザイオンの奥地に向かい、昨年あきらめた、川を渡った先の峡谷に入って行ったときのこと。
ボクはてっきり最初の一回を渡ればすぐその先に目的地があるものと思っていたのですがとんでもない話でそのあと何度も川を渡らないと行けないようになっていた。Pageで事前にビーチサンダルを買っておいたのですが、春の雪解け水は意外に多かったようで深いわ流れは急だわでサンダルはあっさり流されてしまった。ここまで来て引き下がれるかと思ったのが間違いで、靴のままじゃぶじゃぶ進んだのですが底が見えない川はかなり危なく、何度か中ですべってしまい、下半身ずぶぬれ。その時うっかり持って行ったOM-Dを水没させてしまったのですが、さすがは防水カメラ、何事もなく撮れる。が、しかしそれも2ー3回が限度で5ー6回目にはついに電源が入らなくなった。辺りはこんな状態の場所。
Zion0503-4.jpg
行けども行けどもゴールが見えない中、カメラもこんな状態なのでここでようやく引き返すことを決め、また同じ川を何度もじゃぶじゃぶ。
残念ながらOM-Dとパナのレンズ、破壊です。カメラはまだXE-1とNEXがあるので旅は続行できますが最もオールマイティに使えて個々までの旅でも最も信頼度が高かったOM-Dが逝ったのはかなりショックです。
なんとかSpringdaleにたどり着き、今日の宿、St.Georgeへ。
ここでまたがっくり来る出来事が。
次の日町の北西にあるSnow Canion State Parkへ行く予定だったのですが、なんとたまたまトライアスロン競技のイベントの日に当たってしまい、道路は封鎖。道があくのは5時とのこと。Snow Canionの公式サイトには何のインフォメーションもないので知り様もない。ということで残念ながら予定変更。すぐにラスベガスへ。翌日に予定していたラスベガスの用足し(ショッピング)をこの日のうちに済ませ、空いた1日でMojaveNational Preserveへ行くことに決定。
nice!(1)  コメント(2) 

5月2日の続き:道に迷ったものの。。 [USA Pics]

Wahweap-2.jpg
一昨日帰国しました。やはりPCは速い。さくさくリサイズとかできちゃう。旅のとき限定なら外付けキーボード持ってくのもアリかな。
で、5/2ですが、アンテロープキャニオンからKanabへ向かう途中にWahweap Hoodoosを見れたらと思いトライしたわけですがトレイルで迷いまくって結局引き返したというところから。
Wahweap Hoodoosは89号線上にあるBig waterという小さな町から入ってゆくのですがそもそもこの89号線のこの辺り、南を並走する89-Aは何度も走ってますがこっちを走ったのは実は初めて。こっちも道路上が絶景でこっちだけ撮っておけばかなり幸せだったかもしれない。
Wahweap-5.jpg
Wahweap-4.jpg
で、トレイルの看板だけはとにかく見つかったのでそこをずんずん行ったわけですがその後は何のサインもなくブランチが数カ所あるものだからとりあえず山に近くなるように道を選んで行ったのですがどうもどこかで間違ったらしく、相当歩いたところで行き止まりになってしまった。陽はまだそこそこ高いがまだKanabまで50マイル以上あることを考え、あきらめて引き返すことに。
あきらめたとはいえここらもEscalante Grand Staircaseの一部ですから周りの景色はなかなかのものなわけで道々撮って歩いた分はそれなりに収穫と言っていいかも。
Wahweap-1.jpg
Wahweap-3.jpg
Wahweap-6.jpg
やっとこさトレイルヘッドまで戻りKanabへの道を急いだわけですが、陽が落ちこんな光景にも会うことができました。
Wahweap-7.jpg
ここはいずれ再挑戦かな。
それにしてもビジターセンターがあるはずじゃなかったのか?という疑問が残りますが、あとでわかったのですが89号線の反対側にあったらしい。89上でBigwaterの町の入り口を探していたときに反対側を注意していなかったのが敗因だったかも。いずれにしてもここはWeb上で参考資料を探してもあまり役に立つ情報が出てこないのでまずはビジターセンターかPageあたりで念入りに情報収集しないと無理かもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 

途中ですが明日帰ります

5月2日分からサボってしまい申し訳ないですが、途中すっ飛ばして明日帰ります。
今回、軽量化を狙ってiPad導入したわけですが、写真バックアップまではいいとして、ブログ用に写真をリサイズしたり文字打ったりはとてもやってられない感じで、帰国後PCからアップします。
やっぱブログはいずれ閉めてフェイスブックだけにした方がいいかな。
nice!(1)  コメント(2) 

5月2日 : アッパーアンテロープキャニオン [USA Pics]

image.jpg
だいぶさぼってしまいましたがなんとか無事です。もうラスベガスに着いてます。
さて5月2日はアンテロープキャニオンツアーの後Kanabに移動です。
アンテロープキャニオンツアーはこれで3度目ですが、今回はツアーの会社ってか店を変えました。特に理由はなく、たまたまウェブでサーチして当たっただけで予約後に前と違う店と初めて知ったくらいで。でも一応当たりだったかなと思いました。フォトグラフィツアーというオプション、以前の店にもありましたがそれよりはるかに人数を絞っているので回りやすいし、他のツアーとの交通整理もスムーズにやってくれるので以前の記憶より快適でした。
三脚持参でしたが今回はα900ではなく高感度に強いX-E1とOM-Dだったので途中からほぼ手持ちでした。
image.jpg
image.jpg
image.jpg
image.jpg

ツアー後、89号を西へ向かうのですが、途中行って見たかった場所がひとつ。
Wahweep Hoodoosという、シメジのような岩がニョキニョキ生えているかのような場所なのですがここから今回の旅の不幸が始りました。
とにかくいってみるとトレイルの入り口サインはあるもののその先の標識らしきものが全くない。これには困りました。ないにも関わらずブランチは結構あってどれが正しいか全くわからない。
結局みつからず引き返してきてしまいました。
うーもったいない。。
nice!(3)  コメント(2) 

5月1日 : レイクパウエル レインボウブリッジ ボートツアー [USA Pics]

image.jpg
日本から事前に予約してあったボートツアー、朝7時集合というかなり無茶なツアーですが5時半起きで気合いで到着。そんなに遠い場所ではないのですがツアーの出発地点のWahweep Marina Resort という施設がかなりでかく、中で迷いそうな気がしたので。
上の一枚は行く途中のビューポイントから見たレイクパウエル。ここは馴染みの場所。
受け付けを済ませ7時半乗船。40~50人乗りくらいの中型ボートでした。
早朝なので気温がまだ低い上に昨日の強風がまだおさまりきってなく、2階のオープン席はかなり寒い!しかも結構高速で走るし。途中の景色も撮るつもりでオープン席に座ったのですが、壮大な景観のレイクパウエルも至近距離ではなかなか絵になりにくく、こりゃ失敗だったかなと思いましたが奥地に進むにつれて岩が密集するようになってきて秘境に潜入するようなワクワク感が醸し出されます。
こんな感じから
image.jpg
こんな風に
image.jpg
目的地の岸に着いてそこから歩くわけですが高低差のほとんどないトレイルを15分ほど歩くだけなのでかなり楽です。
お目当てのレインボウブリッジが見えてくるシチュエーションは結構感動します。
image.jpg
あまり長居せず30分から45分くらいだったと思いますが撮るものがレインボウブリッジだけなので時間的には十分。ここは超広角のM.Zuiko 9-18mmでほぼ真下あたりから狙ってみます。
image.jpg
風景はX-E1メインでと思っていましたがやはり万能選手のOM-Dはあらゆるシチュエーションでメインを補完してくれます。
image.jpg

さてこのツアー、どうだったかというと、うーん、、レインボウブリッジ御指名で見たいという人は決して後悔しないと思います。ボクは今回やはり見ておきたいと思ったので満足度は高かったですが、それほどでもない人には、まず116ドルのツアー代は高いと思うし、早朝出発でツアー終了が午後2時というのはかなり中途半端でその後の予定を立てにくいのでどうかなーってかんじです。
ボクは街に戻って遅い昼食をとった後、モーテルに戻って寝ました。
明日はアンテロープキャニオンツアーの後PageをあとにKanabへ向かいます。
nice!(2)  コメント(2) 

4月30日 : Pageに到着 [USA Pics]

image.jpg
Pageには4時すぎに到着。
普段なら89号をまっすぐ北上するところですがあいにく途中に通行止めの箇所があり、今回はTubacityでいったんハイウエイ160号に乗って東に向かい、98号に乗り換えるという回り道をする羽目に。まあ事前に知ってはいたので大きな混乱は無かったですが。
着いたこの日は特に予定はなかったので以前覚えたあまり知られていない撮影ポイントへ行くことにしました。
冒頭の一枚はそのトレイルの入口付近ですがこの辺からコースを大きく外れLake Powellの方へ歩きます。
image.jpg
image.jpg
image.jpg
ここらの景色はやはりすごい!

明日はレインボウブリッジへのボートツアーです。
nice!(2)  コメント(2) 

4月29-30日 : グランドキャニオン [USA Pics]

image.jpg
グランドキャニオンはかなり久しぶりです。
ちょうどこの日は強い風が吹き続け、あまり三脚立ててじっくり撮るのには向いていない天候でしたがなんとかクリア。日没前後はかなり寒く感じられました。Tusayanというキャニオンに近い街に宿をとったので夕方と次の日の朝の2度に分けての撮影
上の一枚と次のは夕方。
image.jpg

こっちは朝方。
image.jpg
image.jpg
疲れと早朝出発で眠かったこともありキャニオンの出口に近いビューポイントでしばし仮眠。
午後からPageを目指して出発。
nice!(0)  コメント(0) 

4月29日 : ウイリアムスからグランドキャニオンへ [USA Pics]

image.jpg
この日は午前中セリグマンで洗濯、11時過ぎに出発。グランドキャニオンは夕方を狙うのでゆっくりでOK。グランドキャニオンへはR66上の街ウイリアムスから北上します。ウイリアムスまでのR66は引き続きOM-D+Kern Switarでオールドタイムなショット狙い。
これはAshfork。
image.jpg
ウイリアムスは相変わらずですが少しずつ新しい建物ができているようです。image.jpg
image.jpgimage.jpg
グランドキャニオンは次の記事にて。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。