So-net無料ブログ作成
検索選択

ZZTopless,アメリカに進出 Live in Portland,Oregon [Guitars]

ZZTopless.jpg
えーなんともお気楽に決めてしまった感がありますが。
アメリカでライブやります!
みんな来てね!
来るかそんなもん!

いやそんなたいそうな話じゃないんですが。。
デルタ航空から10月後半〜11月末までのキャンペーン特価の案内が来まして、羽田〜シアトル便限定特価(つまり必ずシアトルで乗り継ぐ)だそうで、3連休に少し休みをくっつけてポートランドへ行ってくるかなと考えたわけです。8月は行かなかったので。
で、ポートランドに住むDonnyにその期間になんか面白いことはあるかと聞いたらちょうど2日間バーでライブをやると言うので、
「もしバンドメンバー連れてったらオレらも出してくれる?」と聞いたら
「YES!」という返事。うちのメンバーもやけに行く気満々で、すぐ決定。

さてさて面白いことになってきたぞ、と。

nice!(2)  コメント(2) 

『ローンレンジャー』を見る [USA Pics]

ローンレンジャー、見てきました。旅に出る前から気になっていたのですが帰ってから見た方がやはり楽しいです。ストーリー的な部分よりやはり気になるのはロケ地、ですよね。ラストのクレジットスクロールが早過ぎてよく見えなかったのですが、コロラド、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコで行われたみたいです。パンフ買っとけばよかったな。
まず思ったのは「何でこれがテキサスなんだ?」ですが、日本人のイメージからすると西部劇=テキサス=サボテンと岩山いっぱい、みたいなイメージにそんなに違和感ないと思いますがアメリカ人的に違和感はないのだろうか?実際テキサスはロケに使われてないしね。
それはさておき「ここどこだろなー」なんて思いながらみるだけでも十分楽しかった。
前半の主要な舞台となるのがモニュメントバレーですね。ジョンフォードの時代から西部劇のメッカではありますが、この映画のモニュメントバレーが見えるシーンは一部合成ではないかという気がしました。線路の工事をしてたり町があったりする場面のだだっ広い平地が、なんかモニュメントバレーっぽくない。たしかに下の写真の右端の岩の向こうにロケ張ればあんな風かもしれないけど地面の色とか、あそこっぽくない。岩のすぐ下を馬が走るシーンなどは本物と思うけど。
Loanranger3.jpg
白馬のシーンはここかな。
20100503MNV4.jpg

あと、7人のレンジャーが罠にかかって殺されるシーン。アリゾナのCanyon de chellyではないかなという気がしました。この写真、天気が悪くてボツになったやつですが。
Loanranger1.jpg
というのもカメラがパンしたとき一瞬写ったのがこういうインデアン住居遺跡。小さいですがこの2つの穴の間にある建造物みたいなやつ。
Loanranger2.jpg
他にもメサベルデとか同じような遺跡がありますが、遺跡の下に木が生えてないという点でここが有力。たぶんここか同じ公園内の別の遺跡か、ではないかと。

次は主人公が生き返り目を覚ましたら高いやぐらの上で「なんじゃこりゃー」というシーン。
あれは間違いなくおなじみのここ。デッドホースポイント。パンしてましたがここにある地形がモロ、写ってました。
Loanranger4.jpg

後半のクライマックスでの汽車のシーン。CGがかなり多いと思うのでどこまで実写かよくわかりませんが、どうも少なくともここは使われたらしい。
Loanranger5.jpg
これ、I-70とモアブを結ぶ191号線の脇を並行に走る貨物用線路なんですがあまり使われていないっぽい。少なくともボクはここに列車が走ってるのを見たことがない。
この線路はあの映画の戦いのシーンのような木が生い茂る山壁は走っていないのであれはまた別のロケ地のはずですが、知ってる限りであれとおぼしき鉄道は二つ。
ひとつはコロラドのデュランゴ〜シルバートンを走る蒸気機関車。
これはデュランゴを出るところ。
Loanranger6.jpg

こっちはシルバートンに入ってくるところ。
Loanranger7.jpg
この間にあの戦いのシーンのような山を走るのですがあいにく道路と並走してなくて車じゃ探せなかった。
ここともうひとつ、これはボクは行ったことがないので何ともですが、セドナの西にやはりこれと同じような山間部を走る蒸気機関車があるようです。ニューメキシコにもあるみたいですが山間部走るのかは不明。
案外グランドキャニオン鉄道だったりして。

ニューメキシコのロケ地はよくわかりませんがShipRockらしきものが写ってましたね。色がグレーの岩山はニューメキシコ方面かもしれません。

まあ記憶でしかないのでなんともですが。こういう想像はやはり旅のあとのほうが楽しいね。
nice!(2)  コメント(8) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。