So-net無料ブログ作成

5月の旅の戦利品 [Guitars]

今回あっちのお店でゲットしたものたち
PedalMay2014-1.jpg
PedalMay2014-2.jpg
写真上 左から
Electro Harmonics "Satisfaction Fuzz"
Catalinebread "Formula 5F6"
DeArmond Pickup
Radial Reamp
Contax (Zeiss Jena) Sonnar 50mmF1.5

写真下 左から
Dunlup (MXR) "Echoplex PreAmp)
Luxe "Black Guard Paper-in-Oil condenser 1951-52"

こう見ると結構買ってるな(笑。そう、最後ラスベガスで副収入があったので買い足したのが下の写真の2点。ペダル類で特筆すべきはまずSatisfaction Fuzzか。これ、まだ日本で扱ってないかも。今年の初めに情報は持ってたのですが日本に入ってきてなかったのであっちでゲットしてきたのですがかなり安い。5000円ちょっとか。まあ話のタネにしかなりませんが鳴らしてみたら
「うん、似てる」
という感じでした。以上(笑。
次はCtalineBread Formula 5F6。これは実は日本で買ってもそんなに値段変わりません。単純に出会い頭的に買ったんですがポートランドはCatalineBreadの地元でもあるんですね。ここ最近ポートランドのガレージ的ペダルメーカーがぽつぽつ紹介されているようで、CatalineBreadはその中でも結構大きい部類のメーカーかと思われます。5F6はフェンダーベースマンをシミュレートしたというオーバードライブなんですが、正直、これはいいです。ツイード系アンプの感じがよく出ていて、Wamplerより全然いいんじゃないかと思います。今のところボク的にはフェンダー黒パネル系の音ならAMTのF1、ツイード系ならこの5F6です。
で、あとはダンロップのEchoplex Pre Ampかな。通すだけで音が良くなると言われたエコープレックスの初段回路をシミュレートしたプリアンプなんですが、同じ系統のペダルにEPブースターってのがあり、お店で両方弾き比べてこっちにしました。同じ音をシミュレートしてるので音の感じは似てるのですが、かたや”プリアンプ”でかたや”ブースター”というところがミソで、EPブースターがツマミゼロで既にゲインが上がっているのに対し、このダンロップのはプリアンプなんでツマミゼロ=ボリュームゼロなんですね。逆にツマミフルでもそんなにゲイン上がりませんが、そもそもここの段でそこまでゲイン必要か?という気がして、ペダルボード組んだときの使いやすさを考えたらやはりダンロップかなと。ゲインをそこそこに抑えてある分、音色もあまりデフォルメ感がなく自然。というわけでダンロップに決まり。
Luxeのコンデンサーはパッケージに惹かれて買ったような(笑。ギターのトーン用コンデンサはたしかに替えてみると面白いですがレプリカ系にはあまり興味がなかった。まだ何も手を付けてないですが近いうちにBigTexのテレキャスターにでも付けてみる予定。

最後に上写真の右下にあるレンズですが、これは旧コンタックスマウントのSonnar50mm/F1.5。ポートランドのとあるクラシックカメラ店で安かったのでゲットしましたが、マウントアダプターが特殊だったのでちょっと予想より金がかかってしまいました。古いレンズなので逆光とかめちゃ弱いですし寄れないですが色調が渋めでレトロ感ある絵を撮りたいときは使えそうです。


nice!(0)  コメント(0) 

α7Rのレンズ:旅を終えての結論 [USA Pics]

今回の旅で一番悩んだのはα7R要に持って行く広角レンズでした。今年初めに出たVario Tessar T*24-70F4SELがどうも思わしくない。特に周辺が。ということで事前にY/CコンタックスのVario Sonnar 28-75mmやタムロンのA06を試してみたりしたのですがどうもいまいちピンと来ない。結局持って行ったのはVario Tessar24-70mmとAマウント単焦点のDistagon T* 24mmF2。現地で撮り比べしてVario Tessarが問題なければそのまま使うし、ダメならDistagonと直前に買ったSonnarT* 35mmF2.8でなんとか広角域をカバーしようと。で、ブライスキャニオンで撮り比べをしました。同じ三脚に乗せ、絞りはf13に固定。ISO=200,1/320秒と、全く同じ条件です。
こっちがDistagon
Distagon.jpg
こっちがVario Tessar
VariTess.jpg
こうしてみると縮小もかけている関係でほとんど違いがわからないですが、周辺を見ると、
こっちがDistagonからきり出し。
DistagonL.jpg

こっちがVario Tessar
VariTessL-1.jpg

まあズームと単焦点を比べちゃいけないですが、これならDistagonを使って行こうという気になります。もちろんα900や99で使っていたVario Sonnar T*24-70F2.8SALでもいいのですが重過ぎる。
というわけで帰国後、Vario Tessarは下取りに出し、その分でSonnar T* 55mmF2SELを購入。こっちはかなり良いレンズで一発で気に入ってしまいました。寄れないのが残念ですが写りは抜群。55mmで撮った写真はまた今度。
nice!(2)  コメント(2) 

もうとっくに終わってる旅の続き5/5〜11 [USA Pics]

やはり旅の途中でその日に更新しないとなかなかやらないもので。。
もう7月ですが一応旅の件に触れておかないと先に進まないわけで、とりあえずポートランドを出た後の写真を超ダイジェストでアップします。ソルトレイクシティで乗り継いでラスベガスへ飛んだわけですが、飛行機が大幅に遅れた関係で、着いたらすぐセントジョージまで走って夕日のSnow Canyonを撮ろうと思った予定がキャンセル。次の予定もあるので翌日リベンジはあきらめて先へ急ぐことに。
つぎの目的地はブライスキャニオンなのですが、数年前使ったCedarBreaks National monumentを通るルートを行ってみることにしました。結構な急勾配+寒い+風強い場所ですがザイオンを避けて行くには景色も良いエリアです。
2014MayCederBrks.jpg

3600万画素フルサイズスペックのα7rで撮ってみたいという目論みから今回の目的地のひとつにブライスキャニオンを選んだのですがあいにく着いた日の夕方は雲が多くてあまりよろしくなかった。でも明るいうちの天気はよかったのでそれなりにとりましたが、メインは翌朝に持ち越し。
2014MayBryce-1.jpg
ここで純製フルサイズ対応ズームのVario Tessar 24-70mmF4とAマウントにアダプタ付けたDistagon T*24mmf2を撮り比べたりしましたがVario Tessar,Distagonに大きく水をあけられたという感じで、その後はα7rについてはSonnar35mmf2.8とこのDistagonの単焦点2本のみで撮り続けることに。

ブライスキャニオンからPageへ。今回は冒険はなしで素直にレイクパウエルを撮りました。
2014MayLkPowell-1.jpg
風が相変わらずきつく、やはり季節の変わり目は運次第だなと痛感。
翌日は南下してグランドキャニオンへ。地割れでダメージ受けた89号線はまだ修復できておらず89Tを走ってまずはキャメロンへ。それほどひどい遠回りでもなくまあ予定通り。
2014MayCameron.jpg
しかしグランドキャニオンも強風吹き荒れしまいには雪が降りだす始末。まあでも撮ってるときは大したことなかったですがとにかく寒くて観光客は震え上がってましたね。
2014MayGC-1.jpg
2014MayGC-2.jpg
すごかったのは夜中で、結構まとまった雪が降り、車が完全にカチンカチン状態に。
それも朝9時頃には溶けてくれたのでなんとか予定通り出発できました。
さらに南下してルート66のお決まりのコース。ウイリアムスからセリグマンへ。
ここからは去年と同様、オールドレンズということでコダックエクター44mmとフォクトレンダーカラーウルトロン50mmでレトロ調に。
2014MayWilliams.jpg
2014GC-2.jpg
2014MaySeligman.jpg

さて色々空振りもありここまではわりと馴れた場所ばかりでしたが、実はお初の場所はこの後にありました。ラスベガスの西に位置するRed Rock Canyon State Park。これだけ何度もラスベガスに行きながら一度も行ったことがなかった場所。
正直、車で回るだけならそれほど大変なポイントはないですが、トレイルに入ると結構険しい。一本だけトライしてあとはやめました。きりがないかんじ。
枯れ果てたサボテンがレゲエの民族集団みたいでちょっと不気味ですが被写体としては悪くない。
2014MayRedRock-1.jpg
2014MayRedrock-2.jpg
とまあ超駆け足で行程を紹介しましたが今回はちょっと天候に恵まれなかったり飛行機の遅れがあったりでイマイチ消化不足ではありました。が、ぼちぼちいい写真も撮れているので、あ、しかもカジノで若干副収入も得たので(笑)まあよしとしましょう。
nice!(2)  コメント(3) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。