So-net無料ブログ作成

エレハモ B9 Organ Machine [Guitars]


これは昨年9月の旅の時にポートランドで買ってきて、面白いので一時かなり遊んだのですが、このところ土日の天気がイマイチで本来ならα7IIの試し撮りをしたいところがなかなかままならぬ状態なのでこいつでデモを作ってみました。
なにしろ笑っちゃうくらいB3オルガンに似てるんで弾き出すとしばらく止まらない(笑。
こいつの凄いところはギターの音そのものをDSPでオルガンぽく加工してしまうところ。ギターシンセとかだったらギターのシグナルはトリガーやベロシティ等のパラメータにして別音源に送りそっちを鳴らすものですがこいつは違う。だから反応は早い反面、アタックや強弱、ギターのトーンコントロールに至るまで全てのギターの音が反映されてしまう。ボクは指で弦をバチバチと指板に当ててアタックを出すのでそういうのは全部ノイズになってしまう。だからなるべく丸い音できれいに弾くのが良いようです。また、本来オルガンでは出ないはずの強弱が付いてしまうのもちょっとコントロールの難しいところ。一番残念なのは、いやこれはB9の問題じゃないのですが、ギターと鍵盤の構造上の違いでオルガン特有のグリッサンドで「ジョワァ〜」とやるのが出来ない。似ない。
ですがとにかくオルガンフレーズを意識してそれっぽい気分で弾いてるだけでかなり迫るのは確かで、まあ飛び道具っちゃ飛び道具ですが結構使えると思います。
DSPはかの有名なアナログデバイセスのSharkチップのようです。
で、今回トライしたのは「こういうのが一番ハマるのでは」と思ったスペンサーデイビスグループ風4ビートブルース。Universal Audio UAD Plug-inをふんだんに使い60年代ブリティッシュビートグループがクラブでやりそうなブルースをローファイに汚して雰囲気出してみました。
トータルエフェクトとしてAMPEX テープシミュレーターとEMT140プレートリバーブのプラグインを使い、ドラムス含む各々の楽器には少しずつオーバードライブかけて歪ませてます。ベースは、ブリティッシュビートグループなんだから絶対フェンダーベースじゃないわけでここはGuild Starfireセミアコベース。アタック後にモアッと盛り上がるところで歪みがかかるような感じ。
ギターはLollar チャーリークリスチャンピックアップを乗せたカスタムのシンライン。
ドラムスはEZDrummerのJazzセット。アクセントで入る強めのバスドラだけ歪むように。
B9のセッティングは、プリセットセレクターは2番の「Jazz Organ」でモジュレーションは強め(2時くらい)、クリック音は既にギターのアタックで十分ノイズが出てるのでほとんどゼロに近い8時くらい。
とにかく全体の飽和感や輸入盤の「音は悪いけど切れ込みは良い」みたいな感じとかそういうローファイ感をだしたかった。
nice!(1)  コメント(4) 

α7II導入とかいろいろ [Other pics]

SONYからα7IIが出てしばらくたつのですがずっと気にはなっていて先日ついに導入しました。今回はα99を下取りに出しての購入です。
α7II.jpg
α7rがあるのでこれ買ってもどうかな、という気がして様子見だったのですが、手振れ補正がボディ側に入ったことで純正の単焦点レンズのFE 50mmF1.8やFE 35mmF2.8が手振れ補正利くこと、現在α7rで使っているオールドレンズでも手振れ補正が利くことなどメリットは大きいと判断し、その代わりに個人的には使用頻度的に短命だったα99は手放すことにして下取り交換としました。α900を残しAマウントのレンズはそっちで使って行ければと思っています。絵作りの点でやはりα900のほうが個人的に好きだし、アメリカに持ち出した回数も多く愛着があるので型は古いけどこっちを残そうと。
購入に踏み切ったもうひとつの理由は、Vario Tessar T*16-35mmF4が出たこと。レンズの選択肢があまりにも少ないFEレンズでしたがこの広角ズームの出来がとてもよくこれならEマウントαをメインで使えると思ったから。
まだあまりテスト出来ていないのですが室内で'66テレキャスを撮ってみました。
A72DSC0014.jpg
三脚+MFなので手振れ補正もAFもオフですが、かなりきっちり写る印象です。
α7rとも撮り比べをしてみましたが、さすが3600万画素機。ギターの6弦の巻きの部分の縞模様が解像してました。ただフォーカスの精度が悪いのかピーキングで合わせたフォーカスポイントとは違うポイントで解像していて微調整が必要みたいでした。α7IIは巻き弦の解像はしないものの、きちんとフォーカスされた絵が出てきました。アウトドア用途で考えると2400万画素でも機能面でα7IIのほうが絵の歩留まりは良さそうです。
nice!(1)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。