So-net無料ブログ作成

旅のみやげのLollar Regal Humbucker(Fenderハムのレプレイスメント [Guitars]

さて旅の中でギター系の話題と言えば、恒例の楽器屋ショッピングですが今回はこれ。
Shop2016GW.jpg
右上のLollar SpecialTセットは知り合いの頼まれ物なのでボクのじゃないとして、左下のLollar Regal Humbuckerですかね。今年始めに買ったフェンダーメキシコのテレキャスデラックスに付けてみようということでゲット。あのギターは特に改造する気はなかったんですがLollarとつながりの深いポートランドのお店にセットで置いてあったので、うーん。。やってみっか!ってな旅のハイな気分も後押しして購入。ここはポートランドに来るたびに寄るので顔を覚えられている。なので色々オマケをくれたりする良い店です。今回はメーカー不明のオイルコン2つとライカル線をペアでくれました。この店の店長(なのかな?)のハンクが「メキシコフェンダーは材料はアメリカと同じだが配線関係はかなり違うんだ。だからピックアップ取り替えるとき一緒にこれらも換えた方がいい」と言ってオマケしてくれたもの。
ありがたく頂戴し、帰国後さあ替えてみようとアッセンブリをバラし始めたわけですが。。
これですな。このテレキャス。
TeleDX_FMex.jpg
開けてびっくり。なんじゃこの配線は。
TeleDXMXWiring.jpg
かなりぐちゃぐちゃ。シールド線を長めに取って余ったら丸めてポットのザグリに放り込んだって感じ。ひどいな。まあこれ、2芯シールドなんでぐちゃぐちゃになりやすいのはわかるんだけど、そもそもタップなんてサポートしてないんだし2芯で出す意味あんのかね?Lollarのは1芯シールドだぞ?2芯にしてももう少し細めのケーブルあるだろうに。
で、ピックアップ交換の気が萎え始めたのですが、ここまで来てそうもいかない。しょうがない。やるか!
ってなわけで配線を完全にイチからやり直し。ボリュームトーンが2系等あるし、セレクタスイッチがかなり遠くにあるしで、これはかなりS/N面でもよろしくない。せっかくハンクからライカル線もらったがやはりシールド使わないとだめだろう。ということで家にある部品箱を漁ると、銀コートの1芯シールドがあった。たぶん10年以上前にオーディオ関係で使おうと思ってバーゲン品を買ってそのままになっていたものと思われる。ちょっともったいない気がするがオーディオいじりはもうたぶんしないと思うので使ってしまうことに。もらったオイルコンは採用。ただオイルコンてあまり信用してないんだよね。。ま、いいかせっかくもらったんだし。
なんだかんだでこんな感じ。
TeleDXMXRewiring.jpg
シールド線なんでグランドラインが全てについてまわるわけで、ループをなるべく作らない、出来ちゃったループは極力面積細小にする、を心がけて線材はきっちりまとめます。この写真のあと線材の束はテープでしっかりまとめました。ノイズには多少効きます。
そんなわけで完成。
TeleDXMXLollar.jpg
ブリッジ側だけ少しハムが乗るけど、配線で変わらないのとネック側は全く乗らないのでおそらくピックアップの個体差と思われる。まだちゃんと鳴らしてないけど前よりハリのある音になるであろう予測。
nice!(0)  コメント(0) 

5/5〜5/9:Needles〜Joshua Tree NP 〜Las Vegas [USA Pics]

700_DSC2513.jpg
今週月曜に帰国しました。疲れてたり酔っぱらってたりで更新が滞っていましたが今回で旅の最後までを紹介しちゃいます。というのもジョシュアツリー国立公園以外では実はそんなに写真を撮ってなくて、まあ一回に収まるかなという感じなので。
ニードルスからI-40に乗ってほんの少し走った後FennerというExitで降りるとそのままR66です。これを西へ走るのですがその途中のChamblessという街とは言えない場所が冒頭の写真。これをさらに行ってAmboyというほぼゴーストタウンの町に着きます。
700_DSC2522.jpg
ここからR66を外れ、ひたすら南下するとTwenty-nine Palmsという町に着くのですが、ここら一体は米軍海兵隊の訓練基地があり、比較的にぎやかな町になります。この町からジョシュアツリー国立公園はすぐそばで、まだ陽が高くちょっと早過ぎたかな?というかんじ。というのもここはそれこそシャッターチャンスが日没前後なので、日没時間が夜7時を過ぎるこの時期なんでいくらなんでも時間が余り過ぎると。
700_DSC2595.jpg
昼は暑く夜寒い砂漠気候の記憶だったのですがこの日はちょうどいい涼しい風が吹き、なかなか快適でした。前回あまりじっくり廻れなかったので今回はトレイルを歩いてみたり、少し時間をかけて廻ってみました。とはいえどこへ行ってもジョシュアツリー、ということに変わりは無くさすがに飽きる。午後3時か4時くらいに出かけて日没まで、というのがやはりちょうどいいのかも。
hidden Valleyというビューポイントでトレイルを歩いてみます。
700_DSC2655.jpg
その後は、日が沈むポイントに山等がない場所を選んで日没を待ちます。今回はヘミングウェイというビューポイントに決めました。
700_DSC2677.jpg
700_DSC2683.jpg

ジョシュアツリーは形状がユニークなので完全にシルエットにしてしまっても面白い。

700_DSC2697.jpg
700_DSC2711.jpg
700_DSC2734.jpg

さてこの日はTwenty-nine Palmsではなくその隣のYucca Valleyに宿をとりました。夜は窓を開け放っていい風が入ってくる中、ビールとスーパーで買った食材で夕食。これがなかなかよろしい。

翌日、いよいよ最後の宿泊地ラスベガスへ向かうのですが、今回初めて走る道路で、この辺りで道間違えると相当厳しいことになるとやや不安を感じながらひたすら北を目指します。
具体的には、いったんAmboyまで戻り、そのやや東にある一本道を北に上ると、何度か行ったことのあるMojave National Preserveの南側の入り口に辿り着きます。ここからこのMojave NPを縦断してI-15に乗ってラスベガスというルート。ここでも写真を撮る予定だったのですが、なんとめぼしいビューポイントがことごとく道路工事に邪魔され、撮るどころではない状態。しかたなく別の場所で数点撮ってそれであきらめてラスベガスへ。
700_DSC2758.jpg
なので結構早く着いてしまった。
ここで写真は一応終わりなのですが、次の日、ラスベガスにしては珍しく雨。
上がるのを待って外に出てみると、なんとまた虹が。
700-IMG_4038.jpg
この写真だとわかりにくいですが今度の虹はダブルアーチでした。ただしこれはiPhoneで撮ったもの。

というわけで今回の旅は終了。色々制約ある中での旅でしたが天気もほとんどもってくれてまあまあ充実してたんじゃないかと思います。
nice!(2)  コメント(2) 

5/3 - 5/4 Grand Canyon→R66 Needles,CA [USA Pics]

700_DSC2461.jpg
前の晩のグランドキャニオンに若干の悔しさが残り、翌朝少し早めに出て朝日のグランドキャニオンにトライ。そんなに陽が高くない時間なのでまあまあ影もしっかり出てくれて、まずまずでした。
700_DSC2238.jpg
この後また戻る形になりますがルート66を走ります。行きは時間短縮のためI-40を使いましたが戻りはゆるゆると戻ります。この辺りのルート66は何度も走っているので今回はモノクロ中心で撮ってみました。まあほとんどはカラーと両方撮ってるんですが。2日分になってしまったからみもあり、だいぶ端折り気味で行きますが、まずはウイリアムス。
700_DSC2310.jpg
この辺はぱっと見以前と変わりがないんですがよく見るとお店が変わっていたり、R66色を脱却するつもりがあるのかないのかわかりませんがやや派手さがなくなった気がしました。
次はアシュフォーク。ここはまあ変わりようがないですな。。。
700_DSC2326.jpg
で、セリグマンで一泊。結構時間かけたつもりがかなり早く着いてしまった。
ここのお店のオーナーさんだった人が引退したのでご自宅を訪問して夕飯ご馳走になりこの日は終わり。モーテルのお婆さん、前に止まった時にタバコを一本くれと言われて一箱プレゼントしたのを覚えていたらしく僕のことを覚えててくれました。今回も一箱プレゼント。
700_DSC2353.jpg

翌朝は遅めに出発。アリゾナを抜け、カリフォルニアの最東端?ニードルスへ向かいます。I-40はほとんど使わないのでかなり時間をかけて走ってるつもりですが意外と早かった。
この日は快晴で気温がぐんぐん上がり、風も熱風のようだったので結構しんどかったです。
まずはピーチスプリングス→トラクストン→ハックベリー→キングマンとお馴染みのルートなんですがこの辺端折ります。キングマンを抜けてからだんだん険しくなるのですが、意外と早かった。
まずはクールスプリングスですがこれが冒頭の写真。
ここらあたりがR66の難所と言われる峠越えの地域ですが、まあ日本でワインディング走ったことある人ならそんなに大したことはありません。下りになりかかったところでオートマン。昔の写真風を狙いましたがライカLのレンズを車に置いてきたのでやっぱり現代っぽいですな。シャープに写りすぎなのかな。
700_DSC2475.jpg
オートマンからI-40に出るともうすぐニードルスです。結構暑さがしんどかったのでモーテルで一休み。仮眠?をとった後鉄道の線路近くに行き、夕日の鉄道にトライ。前とちょっと違うアングルで。
700_DSC2491.jpg

明日はジョシュアツリー国立公園なのですが天気どうだろねー。

nice!(2)  コメント(2) 

5/1-5/2 ポートランドからラスベガス→キングマン→グランドキャニオン [USA Pics]

700_DSC2039.jpg
ポートランドでは写真は撮らずひたすら音楽活動に専念していて昨日5/1にラスベガス到着、そしてすぐ車でアリゾナ州キングマンまで走るという結構きつい1日でした。キングマンは特に期待して行ったわけではなく、ラスベガス着が3時だったのでそれ以上走るのはちょっときついなというのが理由。
途中通り雨にあい大丈夫かなと思っていたらすぐに上がり、いきなり上写真のような場面に遭遇。ホテルの部屋のドアを開けたらいきなりだったので場所選んでいる暇もなく慌てて撮ったんでなんともですが。
日没前までカメラ持ってウロウロ。まあ目新しいものはないのですがカメラが違うしいいかと。
700_DSC2042.jpg
駅舎なんかは古い感じにしようと思ってライカLのエルマー50mmを使ってみました。
700_DSC2061.jpg
700_DSC2062.jpg

翌日はグランドキャニオンへ。途中ウイリアムスで雨に降られ、この先がやや心配でしたがグランドキャニオンは快晴。が、ここで落とし穴が。。
グランドキャニオン自体は快晴だったのですが日没方向にかなり大きく厚い雲がいて、キャニオン全体に影を作ってしまっている。切れ切れの雲ならそれなりにいい感じの絵になるんですがべったり全体が影になっているのでこれはきつい。日没ぎりぎりの時間まで待って雲のない方向が赤くなることを期待してなんとか撮ったのですがやはり影になった谷底と夕日の明暗差はカバーできず。まあでもなんとか撮ったからいいかと。明日は朝のグランドキャニオンとR66の予定。
700_DSC2088.jpg
640_DSC2155.jpg
700_DSC2200.jpg
nice!(2)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。