So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Olympus PEN-Fで香港の旅 [Other pics]

CausewayBay-1.jpg

11/19-23の日程で香港へ行ってきました。仕事でなくプライベート旅行で行くのはこれが初めて。
なんとなく行きたくなって飛行機代いくらくらいするんだろ?と思ってネットで調べたらLCCでなくても2万6千円で行ける航空会社があり思わずポチってしまったという経緯。
出張の夜に徘徊したので土地勘は大体あり、ほとんど迷わずアクセスできました。
今回の目的はどこかノスタルジックな香港を撮るということ。先日購入したオリンパスPEN-Fを持って行きました。出発前に迷った挙句α7rIIは留守番させることに決めたのですが、これは正解でした。
もともとノスタルジックな写真を撮るのにどうしてもCマウントのシネレンズを使いたかったからPEN-Fにしたのですが、今回はアメリカと違い車なしで電車バスを乗り継いでのアクセスになるので、αと2台体制なんて無理。しかも現地の中古カメラ屋でWollensakのCマウントレンズを格安でゲット出来、これがなかなか大当たりで現地でほぼ付けっぱなし状態だったのでやはりPEN-Fでよかったと。
これがそのWollensak Velostigmat 1inch/F1.5で撮ったCauseway Bay。撮りたかった雰囲気をバッチリ再現してくれました。
CausewayBay-2.jpg

今回旅程の後半は天気悪くライブバーでジャムセッションしたりグルメしたりと、あまり写真は撮らなかったのですが、着いた翌日は晴れたのでこの時とばかりに香港古い町並みツァーを敢行。1日で回りきる結構ハードなスケジュールでしたが事前の天気予報は滞在中ずっと雨マークだったので、なんとか目的達成できてラッキーでした。
場所は屏山(ピンシャン)と元朗(イェンロン)。どちらも深センに近い半島の北側の街です。ここらに数百年前からある家屋がそのまま残る村があるというので行ってみたいと思ったわけです。
屏山は割と観光地っぽく散策ルートもちゃんと地図が立っていて訪れる人も多かったです。
PingShan-1.jpg
PingShan-2.jpg
一方の元朗は本当にちょっとした横丁といった感じでそこに住んでいる人だけしかいない感じで、ボク的にはこっちが嬉しい。
Yuenlong-1.jpg
Yuenlong-4.jpg
Yuenlong-2.jpg
Yuenlong-3.jpg
Yuenlong-5.jpg

今回一番撮りたかったのはこういう感じ。ノスタルジックなモノクロと、中国独特の緑がかったグレーと煤けた朱色の世界。まあ中国本土行けばもっとありそうですがアクセス考えたらここらを楽しむのが良さそうです。
レンズが小型軽量なマイクロフォーサーズカメラはこういう歩き旅には一番使い勝手がいいですね。
やっぱPEN-F買っといてよかった。
nice!(1)  コメント(2) 

OLYMPUS Pen-F [写真]

PenF-2.jpg
結局買ってしまいました。オリンパスPEN-Fシルバー。
もうカメラはα7rIIがあればOKと思って、あとは純正24-70mmが出ることを期待していたのですがGマスターの24-70が予想外に高く、今年はカメラには投資しないと決めていたのですが、このPEN-Fだけは発売直後からちょっと気になっていました。
で、実は4年前に行った香港がちょっと懐かしくなり、意外と安く行けることがわかったのでえいやとチケットを取ったのがきっかけでこちらもえいやっとゲットしてしまった次第。
香港にα持ってけばいい話なんですが、一つ問題ありまして、フルサイズセンサーだとCマウントレンズが使えない、というか使いづらい。16ミリのシネマレンズなのでAPS−Cでもケラレてしまう。フルサイズだと壁の穴から覗いているような状態になってしまう。Cマウントで問題なく使えるのはやはりセンサーサイズの小さいマイクロフォーサーズ。
香港なんで風景をガッチリ撮るというよりはオールドレンズをメインに遊びたい。なのでやはりCマウントのレンズも使いたい。OM-D E-M5でもいいのですがあれも今となってはやや物足りない。
今後のマイクロフォーサーズ再利用も考えてここはひとつ投資するかと決めたわけです。
冒頭の写真はPEN-FにライカLズマロン35mmを付けたもの。で、こっちはCマウントのケルンスイター25mmを付けたもの。
PenF-1.jpg
しかしこのPEN-F、シンプルなクラシック調のルックスに反して機能多すぎてセットアップが複雑でなかなか大変。いざ撮る段になったらそんなにいじらないと思うので自分の使うセッティングが決まればあとは楽だろうと思うのですがそこに行き着くまでが大変。ようやく落ち着いてきましたがまだ2−3詰めるところがありそう。
nice!(2)  コメント(1) 

9/16 - 9/25 ポートランド〜ユタの旅【後編】 [USA Pics]

Mxhat_DSC3245.jpg
だいぶ間が空きましたが後編です。日中、アーチーズを回った後モニュメントバレーへ向かったのですがやや雲が多く心配。しかしさすがに聖地。迫り来る雨がパーク入り口でピタリと止まってどっかへ消えてしまうという奇跡を見ました。
しばらくここには来ていなかったのですがかなり変わった気がします。大きなホテルはだいぶ前にできていたのは知っているのですが、下へ降りる道がかなり整備されたようです。以前は砂にタイヤを取られて登れないような箇所がありましたが舗装はしないまでも砂利を敷く等してトラブルがないようにされたみたいです。
MNV_DSC3171.jpg
今回はこのあと北へ戻る形になるので宿はメキシカンハットに取りました。辺りが真っ暗なおかげでミルキーウェイも撮れた!(冒頭の写真)
翌日はTorreyを目指して北西へ。95号線に乗るのですがちょっと寄り道してValley of God周辺を見渡せる崖の上に登ります。
VlyOGod_DSC3278.jpg
この道は95号線につながるショートカットなのですがあえて戻ってBlandingから入ります。というのはComb Washをちょっとだけ撮りたかったから。
CmbWsh_DSC3292.jpg
その後ナチュラルブリッジス国定公園へ、ここもかなり久しぶり。
NtlGrdg_DSC3335.jpg
結構寄り道したので予定時刻を大幅に過ぎてしまいましたがTorreyに到着。友人のJames宅訪問とその後その友人宅のパーティーへ。
翌日はプロボヘ。その次の日が帰国のフライトなので本来ならソルトレイクシティに一泊なのですがフライトが結構遅い時間なので手前のプロボで日没のユタレイクを撮ることにしました。
UTlk_DSC3478.jpg
バクテリアが発生したとかで遊泳禁止、一部は排水されていたため湖の奥の方まで行かなければならなかったですがそのおかげで以前と違うアングルで撮れました。
というわけで9月の旅終了。2年連続でモアブでの悪天候でやや凹みましたがそのわりに良い写真撮れたような気がします。やはり諦めてはいけませんね。
nice!(1)  コメント(2) 

9/16 - 9/25 ポートランド〜ユタの旅【前編】 [USA Pics]

700_DSC2977.jpg
9/16から25までアメリカ旅に出てました。あまり変わりばえしないルートですが、昨年と被らないように場所を選んで回りました。ポートランドは音楽目的なのでほぼ写真は撮らず、真面目に撮り出したのはユタに入ってから。ソルトレイクシティからモアブへ、その後モニュメントバレーまで行ってキャピトルリーフへ。そしてプロボに寄ってソルトレイクシティに戻るというルート。
割と何度も行ってる定番コースなのですが、モニュメントバレーやデリケートアーチは気がつけば数年ぶりでした。
がしかし、昨年に続いて2年連続でモアブで雨にやられ、特に今回はモアブには2泊3日だったので中日が雨だともう台無しなわけで、やや食い足りない場面は今年もありました。
初日はソルトレイクシティからモアブへひた走るほぼ移動日という感じで、着いてみると強風+雨でギブアップ。途中のハイウェイ6でちょこっと撮ったり(冒頭の写真)。
翌日がモアブの中日だったのですがやはり天気はスッキリしない。が、行くだけ行ってみようと頑張ったのですがかなりタフな1日となりました。
今回お初の場所はWild horse windowという天井に穴の空いた洞穴のような場所で、これはゴブリンバレー州立公園の近くにあるのですが、トレイルがちゃんとあるものと思い込んで行ってみたら何にもない。いろいろ当たりをつけて歩いてみたけど結局辿り着けず。次回もっとよく調べてから来るという反省。
この中のどっかにあるらしいんだが。。。
700_DSC2981.jpg
一旦街に戻り遅い昼食をとった後アーチーズ国立公園へ。今日はデリケートアーチ1点狙い。
天気は相変わらずだがもうこの日しか夕方モアブにいられないので無理やり行きました。
行った人は知ってると思いますがこのトレイルは結構きつい。そこに雨ですからもう身体をいじめに行ってるようなもの。着いた2−30分は奇跡的に雨が止んでくれてなんとか写真に収めることはできました。
700_DSC3008.jpg
少しでも日差しが届けば雲もまた絵になるんですがこの日は終始どんよりでやや残念。
その翌日はやっと晴れ。でもやや風が強い。
この日はモニュメントバレーへ行くためにモアブを出なといけなかったのですが、モニュメントバレーを夕方にして日中はアーチーズにとどまることにしました。さすがにもったいないので。
700_DSC3044.jpg
700_DSC3063.jpg
てな訳で以下後編へ。
nice!(1)  コメント(2) 

図らずも作ってしまったゴメンテシグネチャーストラト再び [Guitars]

TeiscoStrato.jpg
図らずも、というかあまり本気でやったのではなくちょっと興味本位でやってみようとしただけだったのですが、これがなぜか大当たり。ほとんど冗談のつもりだったのだけれど今やボクのメイン機。なのでゴメンテシグネチャーの称号を与えるに十分と判断ww。
事の発端は最近サポートでギターを弾く機会が増えたので使い倒し用のストラトをもう一本買った事から始まります。そっちの話はまた別の機会に。で、元々持っていた方のストラトを色々いじってみたくなったんですね。ピックガードにピックアップとアッセンブリを乗っけて色々バリエーションを作ると。
SuhrやTomAndersonなんかのアッセンブリを作ったのですがどうもしっくり来ない。で、思い立ったのは何年か前にアメリカで買ってきた中古のテスコのGold Foil。ライクーダーがストラトに乗っけてちょっと話題になってたやつ。こいつを使ってみたいなと色々アイデアを練っていたのですがそこで思いついたのが、気に入っているのに今遊休状態になっているLollartronとの組み合わせ。LollartronにテスコGold Foilをミックスさせたハーフトーン、これは面白そうだと。
元は昨年初頭に買ったストラトなのですが、こいつのボディのザグリはほぼ四角く全体にぽっかり開いていて、ハムバッカーも搭載可となっていたので、こいつなら大きなボディ加工なしでやれる。
で、作ったのがこれ。
TeiscoStrato2.jpg
見た目はかなりすごいことになっていて、いかにもクセが強そうなルックス。
セレクタースイッチがひとつ増設されてます。
TeiscoStrato3.jpg
これはストラトの回路そのままだとせっかくのLollartron同士のネック+ブリッジピックアップの組み合わせが作れないからで、セレクターが2段構成に鳴っています。
TeiscoStratowiring.jpg
結局2ハムの標準的な組み合わせに対し、センターのテスコを加える/抜く/テスコ以外を抜くという組み合わせを加算して全組み合わせが出来るようにした形になっているのですが、色々他にも方法がある中でこのやり方、意外と演奏中の操作性としてはやりやすい、わかりやすいです。

音の方はというと、見た目に反してアコギっぽい爽やかな音になります。もともとテスコのピックアップは粘りはなくてキラキラ系の音だし、Lollartronもグレッチのリプレイスメントなので太いわりに高域がきれいだったりするのでこいつを全部ミックスしたトーンはシャリンとしてストラトより繊細なハーフトーンが出たりします。テスコをオフにしたらそれなりに太いトーンになるし、ということで予想に反して何でもやれるオールラウンドなギターになりました。今んとこのメインになってます。

ただ作る過程はそれほど簡単じゃなかった。テスコのピックアップはザグリに入れるのではなくボディの上に乗せるようにできているので、ピックガードの上に乗せると高さがあり過ぎてストラトの場合弦に触ってしまう。そこに後から気がついて苦肉の策でピックガードにピックアップと同サイズの穴を開けてピックガードの厚み分、一段落とし込むようにしました。だからボディに直マウントしてます。
TeiscoStratoPickGurad.jpg

イマイチ使えなかったら別のアッセンブリに換えようくらいのつもりでやってみたらこれが大当たり。もうこのギターはこのスペックを定着させますww
nice!(0)  コメント(0) 

突然のマイアミ行き [USA Pics]

RX100M3_DSC1763.jpg
先々週から先週始めにかけて突然ですがマイアミに行ってきました。
今度は仕事です。仕事じゃなきゃ行かない場所ですが仕事で行くにしても珍しい。現地は予想通りかなり暑く、湿度も日本以上じゃないかと思いました。毎日マイアミ市内をレンタカーで走り回るという結構体力的にもめげる仕事で、夕方はどっかで必ず豪雨に見舞われるしあまり嬉しい仕事じゃない。
RX100M3_DSC1642.jpg

しかし帰りの日が突如変更になりフライトが取れなかった関係で一日だけオフの日ができました。
んで、へとへとな上にこの気候なんでほんとは昼までホテルで寝てショッピングにでもふらふら出かけるくらいのオフにしたかったんですが同僚が「キーウエストに行きたいです!」とか言い出した。お前ね、こっから片道3時間かかるのよ?しかもこの暑さだよ?。。。とは思いましたがマイアミなんて
個人的には来ることないし、まあ仕事でもあんまり来ることないんでんじゃ行ってみるかと。
ちなみに今回は仕事なので、カメラはSONY RX100M3だけです。
実際、本土を抜けるまでは大して時間はかからないんですが島を渡り始めてからが長い。1〜2車線のしかも制限時速45〜55mphなんでトロトロ。8時半に出発して着いたら昼過ぎ。まあ途中セブンマイルブリッジ撮ったりしてたからというのもあるが。。
RX100M3_DSC1695.jpg
キーウエストはもうトロピカルリゾート丸出しで好きな人は好きなんだろなこの雰囲気。
RX100M3_DSC1720.jpg
RX100M3_DSC1723.jpg
RX100M3_DSC1727.jpg
車を置いてビーチ方面にぶらぶら。あーありがちだねえこの光景。
RX100M3_DSC1738.jpg
RX100M3_DSC1741.jpg
アメリカ最南端の地を訪れて見ると記念写真の行列。人を避けて撮るのが難しいがなんとか。
RX100M3_DSC1747.jpg
RX100M3_DSC1750.jpg

キーウエストのもうひとつの顔。キューバが非常に近いので島の半分くらいは実は軍事施設だったりする。記念写真の行列のすぐ横にはこんな光景も。海軍のレーダーサイトのようです。
RX100M3_DSC1752.jpg

手づかみでカニ食ったりそれなりに楽しめましたが、翌日のフライトは離陸したのも気づかないほどの爆睡。しかも帰国翌日から出勤ということで未だ体力復活せず。まあこういうこともありますな。
nice!(2)  コメント(3) 

旅のみやげのLollar Regal Humbucker(Fenderハムのレプレイスメント [Guitars]

さて旅の中でギター系の話題と言えば、恒例の楽器屋ショッピングですが今回はこれ。
Shop2016GW.jpg
右上のLollar SpecialTセットは知り合いの頼まれ物なのでボクのじゃないとして、左下のLollar Regal Humbuckerですかね。今年始めに買ったフェンダーメキシコのテレキャスデラックスに付けてみようということでゲット。あのギターは特に改造する気はなかったんですがLollarとつながりの深いポートランドのお店にセットで置いてあったので、うーん。。やってみっか!ってな旅のハイな気分も後押しして購入。ここはポートランドに来るたびに寄るので顔を覚えられている。なので色々オマケをくれたりする良い店です。今回はメーカー不明のオイルコン2つとライカル線をペアでくれました。この店の店長(なのかな?)のハンクが「メキシコフェンダーは材料はアメリカと同じだが配線関係はかなり違うんだ。だからピックアップ取り替えるとき一緒にこれらも換えた方がいい」と言ってオマケしてくれたもの。
ありがたく頂戴し、帰国後さあ替えてみようとアッセンブリをバラし始めたわけですが。。
これですな。このテレキャス。
TeleDX_FMex.jpg
開けてびっくり。なんじゃこの配線は。
TeleDXMXWiring.jpg
かなりぐちゃぐちゃ。シールド線を長めに取って余ったら丸めてポットのザグリに放り込んだって感じ。ひどいな。まあこれ、2芯シールドなんでぐちゃぐちゃになりやすいのはわかるんだけど、そもそもタップなんてサポートしてないんだし2芯で出す意味あんのかね?Lollarのは1芯シールドだぞ?2芯にしてももう少し細めのケーブルあるだろうに。
で、ピックアップ交換の気が萎え始めたのですが、ここまで来てそうもいかない。しょうがない。やるか!
ってなわけで配線を完全にイチからやり直し。ボリュームトーンが2系等あるし、セレクタスイッチがかなり遠くにあるしで、これはかなりS/N面でもよろしくない。せっかくハンクからライカル線もらったがやはりシールド使わないとだめだろう。ということで家にある部品箱を漁ると、銀コートの1芯シールドがあった。たぶん10年以上前にオーディオ関係で使おうと思ってバーゲン品を買ってそのままになっていたものと思われる。ちょっともったいない気がするがオーディオいじりはもうたぶんしないと思うので使ってしまうことに。もらったオイルコンは採用。ただオイルコンてあまり信用してないんだよね。。ま、いいかせっかくもらったんだし。
なんだかんだでこんな感じ。
TeleDXMXRewiring.jpg
シールド線なんでグランドラインが全てについてまわるわけで、ループをなるべく作らない、出来ちゃったループは極力面積細小にする、を心がけて線材はきっちりまとめます。この写真のあと線材の束はテープでしっかりまとめました。ノイズには多少効きます。
そんなわけで完成。
TeleDXMXLollar.jpg
ブリッジ側だけ少しハムが乗るけど、配線で変わらないのとネック側は全く乗らないのでおそらくピックアップの個体差と思われる。まだちゃんと鳴らしてないけど前よりハリのある音になるであろう予測。
nice!(0)  コメント(0) 

5/5〜5/9:Needles〜Joshua Tree NP 〜Las Vegas [USA Pics]

700_DSC2513.jpg
今週月曜に帰国しました。疲れてたり酔っぱらってたりで更新が滞っていましたが今回で旅の最後までを紹介しちゃいます。というのもジョシュアツリー国立公園以外では実はそんなに写真を撮ってなくて、まあ一回に収まるかなという感じなので。
ニードルスからI-40に乗ってほんの少し走った後FennerというExitで降りるとそのままR66です。これを西へ走るのですがその途中のChamblessという街とは言えない場所が冒頭の写真。これをさらに行ってAmboyというほぼゴーストタウンの町に着きます。
700_DSC2522.jpg
ここからR66を外れ、ひたすら南下するとTwenty-nine Palmsという町に着くのですが、ここら一体は米軍海兵隊の訓練基地があり、比較的にぎやかな町になります。この町からジョシュアツリー国立公園はすぐそばで、まだ陽が高くちょっと早過ぎたかな?というかんじ。というのもここはそれこそシャッターチャンスが日没前後なので、日没時間が夜7時を過ぎるこの時期なんでいくらなんでも時間が余り過ぎると。
700_DSC2595.jpg
昼は暑く夜寒い砂漠気候の記憶だったのですがこの日はちょうどいい涼しい風が吹き、なかなか快適でした。前回あまりじっくり廻れなかったので今回はトレイルを歩いてみたり、少し時間をかけて廻ってみました。とはいえどこへ行ってもジョシュアツリー、ということに変わりは無くさすがに飽きる。午後3時か4時くらいに出かけて日没まで、というのがやはりちょうどいいのかも。
hidden Valleyというビューポイントでトレイルを歩いてみます。
700_DSC2655.jpg
その後は、日が沈むポイントに山等がない場所を選んで日没を待ちます。今回はヘミングウェイというビューポイントに決めました。
700_DSC2677.jpg
700_DSC2683.jpg

ジョシュアツリーは形状がユニークなので完全にシルエットにしてしまっても面白い。

700_DSC2697.jpg
700_DSC2711.jpg
700_DSC2734.jpg

さてこの日はTwenty-nine Palmsではなくその隣のYucca Valleyに宿をとりました。夜は窓を開け放っていい風が入ってくる中、ビールとスーパーで買った食材で夕食。これがなかなかよろしい。

翌日、いよいよ最後の宿泊地ラスベガスへ向かうのですが、今回初めて走る道路で、この辺りで道間違えると相当厳しいことになるとやや不安を感じながらひたすら北を目指します。
具体的には、いったんAmboyまで戻り、そのやや東にある一本道を北に上ると、何度か行ったことのあるMojave National Preserveの南側の入り口に辿り着きます。ここからこのMojave NPを縦断してI-15に乗ってラスベガスというルート。ここでも写真を撮る予定だったのですが、なんとめぼしいビューポイントがことごとく道路工事に邪魔され、撮るどころではない状態。しかたなく別の場所で数点撮ってそれであきらめてラスベガスへ。
700_DSC2758.jpg
なので結構早く着いてしまった。
ここで写真は一応終わりなのですが、次の日、ラスベガスにしては珍しく雨。
上がるのを待って外に出てみると、なんとまた虹が。
700-IMG_4038.jpg
この写真だとわかりにくいですが今度の虹はダブルアーチでした。ただしこれはiPhoneで撮ったもの。

というわけで今回の旅は終了。色々制約ある中での旅でしたが天気もほとんどもってくれてまあまあ充実してたんじゃないかと思います。
nice!(2)  コメント(2) 

5/3 - 5/4 Grand Canyon→R66 Needles,CA [USA Pics]

700_DSC2461.jpg
前の晩のグランドキャニオンに若干の悔しさが残り、翌朝少し早めに出て朝日のグランドキャニオンにトライ。そんなに陽が高くない時間なのでまあまあ影もしっかり出てくれて、まずまずでした。
700_DSC2238.jpg
この後また戻る形になりますがルート66を走ります。行きは時間短縮のためI-40を使いましたが戻りはゆるゆると戻ります。この辺りのルート66は何度も走っているので今回はモノクロ中心で撮ってみました。まあほとんどはカラーと両方撮ってるんですが。2日分になってしまったからみもあり、だいぶ端折り気味で行きますが、まずはウイリアムス。
700_DSC2310.jpg
この辺はぱっと見以前と変わりがないんですがよく見るとお店が変わっていたり、R66色を脱却するつもりがあるのかないのかわかりませんがやや派手さがなくなった気がしました。
次はアシュフォーク。ここはまあ変わりようがないですな。。。
700_DSC2326.jpg
で、セリグマンで一泊。結構時間かけたつもりがかなり早く着いてしまった。
ここのお店のオーナーさんだった人が引退したのでご自宅を訪問して夕飯ご馳走になりこの日は終わり。モーテルのお婆さん、前に止まった時にタバコを一本くれと言われて一箱プレゼントしたのを覚えていたらしく僕のことを覚えててくれました。今回も一箱プレゼント。
700_DSC2353.jpg

翌朝は遅めに出発。アリゾナを抜け、カリフォルニアの最東端?ニードルスへ向かいます。I-40はほとんど使わないのでかなり時間をかけて走ってるつもりですが意外と早かった。
この日は快晴で気温がぐんぐん上がり、風も熱風のようだったので結構しんどかったです。
まずはピーチスプリングス→トラクストン→ハックベリー→キングマンとお馴染みのルートなんですがこの辺端折ります。キングマンを抜けてからだんだん険しくなるのですが、意外と早かった。
まずはクールスプリングスですがこれが冒頭の写真。
ここらあたりがR66の難所と言われる峠越えの地域ですが、まあ日本でワインディング走ったことある人ならそんなに大したことはありません。下りになりかかったところでオートマン。昔の写真風を狙いましたがライカLのレンズを車に置いてきたのでやっぱり現代っぽいですな。シャープに写りすぎなのかな。
700_DSC2475.jpg
オートマンからI-40に出るともうすぐニードルスです。結構暑さがしんどかったのでモーテルで一休み。仮眠?をとった後鉄道の線路近くに行き、夕日の鉄道にトライ。前とちょっと違うアングルで。
700_DSC2491.jpg

明日はジョシュアツリー国立公園なのですが天気どうだろねー。

nice!(2)  コメント(2) 

5/1-5/2 ポートランドからラスベガス→キングマン→グランドキャニオン [USA Pics]

700_DSC2039.jpg
ポートランドでは写真は撮らずひたすら音楽活動に専念していて昨日5/1にラスベガス到着、そしてすぐ車でアリゾナ州キングマンまで走るという結構きつい1日でした。キングマンは特に期待して行ったわけではなく、ラスベガス着が3時だったのでそれ以上走るのはちょっときついなというのが理由。
途中通り雨にあい大丈夫かなと思っていたらすぐに上がり、いきなり上写真のような場面に遭遇。ホテルの部屋のドアを開けたらいきなりだったので場所選んでいる暇もなく慌てて撮ったんでなんともですが。
日没前までカメラ持ってウロウロ。まあ目新しいものはないのですがカメラが違うしいいかと。
700_DSC2042.jpg
駅舎なんかは古い感じにしようと思ってライカLのエルマー50mmを使ってみました。
700_DSC2061.jpg
700_DSC2062.jpg

翌日はグランドキャニオンへ。途中ウイリアムスで雨に降られ、この先がやや心配でしたがグランドキャニオンは快晴。が、ここで落とし穴が。。
グランドキャニオン自体は快晴だったのですが日没方向にかなり大きく厚い雲がいて、キャニオン全体に影を作ってしまっている。切れ切れの雲ならそれなりにいい感じの絵になるんですがべったり全体が影になっているのでこれはきつい。日没ぎりぎりの時間まで待って雲のない方向が赤くなることを期待してなんとか撮ったのですがやはり影になった谷底と夕日の明暗差はカバーできず。まあでもなんとか撮ったからいいかと。明日は朝のグランドキャニオンとR66の予定。
700_DSC2088.jpg
640_DSC2155.jpg
700_DSC2200.jpg
nice!(2)  コメント(1) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。